2018年1月22日月曜日

記号としての「経済学」

 手品というのは、種明かしをさせられると、観客はそれ以降はその種明かしの導線でしか手品が見えなくなります。つまり、手品を記号化という別の次元に落とすわけです。それを承知で巧妙な手品師は必ず種明かしを公表した後で、実は手品の中にもう1つのマジックを潜り込ませることによって、記号化をマジックへと再転化させます。

 よくある学内試験用の経済学の問題で、問題文の中にまったく関係がない式や言葉を入れると、多くの受験生が初めて見た式や言葉につまづき、大きく正答率が下がるというものがあります。
 実際に、まったく関係がない言葉や式なので解答には必要ないし無視すればよいのだけどそういった教育を受けてこなかったら最後まで悩んで試験時間は終了してしまうでしょう。こうした言葉の挿入、つまり「プラスの呪縛」で正答率をコントロールするのは男性的ですが、同様に、肝心な言葉をあえて省く、言葉の脱落という「マイナスの呪縛」があります。
 「マイナスの呪縛」とは、その言葉を聞くと、それ以降はその言葉でしか見えなくなる、だからあえてその言葉は記述しない、まさに樋口一葉の世界観で、言葉を脱落させているから、そこに読者が言葉を埋めようとして社会性が産出されるのです。恋なんて一言も記述する必要はないのです。

 実は、『らくらくマクロ』はケインズ経済学を語っているのに、1度も『ショートサイド原理』という言葉を記述していないのです。あえて、その言葉を意識的に脱落させることによって、無理やりショートサイド原理なんだと説得させることが、表現を豊かにさせました。
 
 

2018年1月13日土曜日

世の中にある商品の良し悪し

 学力の差は、いかに早い段階で受け取った情報が良質であるか、それとも単なる広告なのか判別し処理する能力であり、若い世代ほどそれが確立されていると思います。

 基本的に世の中のすべての商品は、自然界から学んだものと、すでに完成された商品をパクったものの2種類しかありません。

 例えば、トヨタ自動車が商品が売れてようやく「実はフクロウが獲物を捕らえる動作を応用してデザインしました」と言うかもしれませんが売れなければとても恥ずかしくてそんなことは言えないかもしれません。
 つまり、自然界から学んだ創造物は他人に話しても理解してもらいないだろうし、自然界という巨大な創造主に対峙している人間は極めて謙虚で、思考錯誤を繰り返しているので傍から見るとオドオドしてみえるかもしれません。しかし、一見、オドオドして弱そうに見えても、自然界に接している人間には、その人が本物があることを見通すことができるはずです。

 一方、自然界から何も学ばず、完成品をパクった商品は、すでに売れ筋商品であり、かつ回答が明らかなので、堂々と広告できるだろうし、作った人も人前に出たがり高いところから威張り散らしているはずです。そして、それが良いモノだと思う人はやはり自然界との接点がない人たちです。
 大学の教員でも、声が大きく威張り散らしている人の話は、たぶんどこかの本に書いてあることを話しているに過ぎなく、オリジナル性はないと思うので、頭に残らず、10分後にはその話は忘れてしまうはずです。

 今、日本経済は広く外国から人材を求めていますが、特にオリコウサンを集めるというわけでなければ、アメリカのように「天才」を集めるというわけでもなく、自然界の生命力や自然界の音、自然界の色、光や陰をとらえる人材がわが国には必要不可欠だと考えます。

2018年1月6日土曜日

学校の失敗

 市場の失敗、政府の失敗と同様に、「学校の失敗」という考えが持論であります。

 学校に行って学力が高くなるというのは希望的な観測で、学校に通学する時間や講師の自己顕示欲を満足させるのにつき合わされる時間、いかにもテレビから得た知識を聞く時間などの浪費が激しいので、実際に勉強する時間がなくなり、学力は低下してしまう可能性があります。

 もし、学校に行ってカリスマ講師に会おうとしてもそのチャンスは少なくそれはとても難しいはずです。なぜなら、本物のカリスマ講師なら政府機関や自治体、企業からも仕事の依頼が大量に来るので、学校で指導したくてもその時間を設けることが極めて困難だからです。

 読書量がどれほどの規模なのか、1分話せばわかりますが、大学教員より官僚や上場企業の社員の方がはっきりと読書量が多いことが判明します。つまり、彼らは知識量をツールとして使っているだけで、それを職業とはしていないのです。
 英語教師よりも、実際に英語を使って仕事をしている人の方がはるかに英語の力であるということは容易に想像できるはずです。それなら、学校に行くよりも仕事の現場の方が勉強になるわけです。

2017年12月30日土曜日

オリンピック選手の誕生

人間の能力はほとんど差はないけれど、オリンピック選手と凡人ランナーの差はどこにあるのか?

 その差は、練習量とか技術ではなく、まず、故障をしないことが最大の理由です。
緊張して眠れないとか、食べ物に好き嫌いがあるとか、単純な基礎訓練は飽きるとかはもちろんよくないけれど、故障しない体を獲得することが最終的に世界ランカーを決定する要因だと思われます。

 1つ言えることは、その故障しない体は決して机上の理論では説明できない領域にあって、極めて個性的であると考えます。実際に、私がヒューストンでよく行った店に有名なゴールドメダリストが来ていたのですが、大酒飲みで、ヘビースモーカーだったりしました。酒やたばことランナーとしての肉体とはあまり関係がないのかもしれませんね。

2017年12月26日火曜日

谷崎潤一郎『春琴抄』 ー再掲

谷崎潤一郎『春琴抄』
人生最大の教科書であり、これから国際社会に挑戦する学生に紹介する推薦本の1つです。
谷崎ほど、経済をとらえ、描いた人は他にはいません。特に春琴抄は開港、いわゆる近代日本のグローバル化がもたらした時代背景をあまりに美しい日本語で表現しています。


 多くの読者は、この小説の美しさに惑わされ、背後の時代背景を読むことはしないでしょう。もちろん、その必要もありません。

佐助の失明は、日本が開港した時であり、その後、佐助と春琴は光のあたらない桃源郷へ到達します。

 経済的に言えば、グローバル化によって、没落したのは鵙屋であるということ。薬問屋はもともと海外との交流を許可されていた企業であり、グローバル化によって没落するのは同じグローバル企業。そして、「大阪」という伝統的な巨大なマーケットが裁定取引や流通システムに敗北したのです。
 夫婦という絆を基礎とした日本文化は、グローバル化ごときではビクともしない強靭なものでした。

 さらに、もっとも生産性が高い組織は「夫婦」(婚姻とは限らない。「家」と言っても良い)であること。たぶん、佐助はその後達人になったのであろうけど、それは佐助と春琴の間から生成された統合的な力であって、そのどちらか一方ではないということ。

 モノが創造されるところは光があたらない場所であり、あまりにおぞましく、一般の人は見ない方が良いところでもあります。


2017年12月21日木曜日

増税を主張する人たち

 日本経済が20年間低成長を続けてきた原因として、消費税増税やデフレをあげる人も多く、現在も増税をもくろむ財務省に批判的な人も多いでしょう。
 しかし、国際競争にさらされている経済官僚の視座は別なところにあるかもしれません。もちろん、目的は何千年も続く「強い日本」「国際競争に勝てる日本人」をつくるためです。


 私がアメリカで住んでいた場所の1つ、ニューハンプシャー州(ポーツマス)はリザベーション地区でもあるので、セールス・タックスがなく、教育もお金がかかりません。非常に安く生活できるので低所得者層やリタイアした人には良いところですが、働き盛りの若者が住むには適さないし、そのことは多くのアメリカ人も理解しています。
 車で数十分で行ける、隣の州はマサチューセッツ州ですが、ここはタックスチューセッツ州と呼ばれるほどの高い税に見舞われる州です。
 しかも、ケンブリッジにある大学に行こうものなら1コース登録するだけで、ニューハンプシャー州の大学1年分の学費に匹敵する額になるところもあります。さらに、追い打ちをかけるように世界一とも言われる高額家賃を払い続ける必要もあります。

 これほど、税金や教育、生活費に差があるのに、それでも人々はマサチューセッツ州に住んで、そこの大学に通い、そこで働こうと考えます。
 そして、ここで生き残るのは、この税金、この教育費、この家賃を払い続けられる強いアメリカ人です。また、こんなところに投げ込まれた外国人は一致団結して防衛策を練るしかありません。そして、彼ら彼女らは国際競争力に立ち向かえる人に育っていきます。
 その地域には容易に入り込めない見えないバリアが形成されます。


 日本経済の20年間低成長に耐え、苦労した親の背中を見て育った90年代以降に生まれた若者たち、彼ら彼女たちはとても強い気持ちと情報を識別する能力が備わっています。
 「次の時代を背負える強い日本の若者」をつくることができたのだから、20年間の低成長期は無駄ではなかったはずです。
 

2017年12月17日日曜日

4K環境の落とし穴

 4K動画製作に関して、カメラやレンズはおおよその情報が入り簡単にできそうですが、実際に編集してみると、エンコードに膨大な時間がかかり、それ以前のエフェクト、特にワープスタビライザーとなると、20分の動画で処理時間が40時間を超えることもあります。2台PCがあれば良いのですが1台ではどうにもなりません、

 さすがにそれでは効率が悪いようで、いろいろとプラグインはあるようですが、

YouTuber必見のエンコード時間を劇的に速くするテクニック #414 [4K]

やはり、処理するPCに絶大なパワーが必要でしょう。

 実際に私が持っていたパソコンもゲーム用で1年前の段階では相当な上位クラスでしたが、それを持ってしても、エンコードに2時間とか表示されると仕事にならないわけです。
 さすがに、この年齢で今からワークステーションを購入するというわけにもいかなく、とりあえず現時点での最上位のPCを入手して製作環境の土台を完了。このPCのコストが実は最大で、4K動画製作の最大の落とし穴と言えます。
 1人でやるにはこのあたりが財力的に限界でしょう。 

 それにしても、ここまで短期間で、1度も対面したことがない海外の方々の協力をいただいて、モノがつくれるとは当初は思いもよらなかったです。
 Soloで仕事をしているのに、明らかに社会が形成されています。

 東京五輪2020は、必ず成功します。

2017年12月15日金曜日

エグゼクティブ

 日本経済が大きく成長していた90年代までは、組織のエグゼクティブも一般の従業員も関係なく、1つの空間で仕事をしていました。
 しかし、ここ最近は、エグゼクティブは完全に個室にこもって仕事をする人が多いようです。表に出たがる社長もいますが、対面を極力遮断している人が増えていると感じます。

 現代のエグゼクティブに要求される情報の処理量や技術、生産性とその結果、さすがに対面している時間は少なくなっているのかもしれません。

 10から70にするには簡単、70から90にするのはかなり苦労し、90から98にするには地獄のようにたいへん、その上の98から100にするのは発想そのものを変えて達成する必要があるのです。
 新井白石のように98以上の世界で戦っていた人にはプライベートの確保というものが切っても切れない関係だったはずです。

 周囲よりも、能力が高い人や眼力がある人はイジメにあってその能力を伸ばす機会を失うことになるので、早い段階で独力で活動するスタイルを確立する必要もあります。

 Soloの時代
 

 余談ですが、最近の旅客機を見ると、プライベートな空間確保へずいぶん力を入れていると思います。


2017年12月14日木曜日

自分の姿をいかに隠すか?

 予備校に行くと、ろくに仕事をしないのに「俺のポスターを作れ!」「俺のプロモーションビデオを作れ!」といった命令を出す自己顕示欲の塊のような講師に会うことがあります。自尊心を満足させるために講師業をやっているのでしょう。
 しかもそういう人は、著作もあったりしますが、はたして、そういう人が作った作品は本当にオリジナルなのでしょうか?

 日本には巨大な作家は少なくなりましたが、そうした歴史に残る巨匠の1人が私に言い残した言葉で、オリジナルを作っている人はまず、「どうやって自分の姿を隠すか?」「自分の存在をいかに消すか?」にこだわるという指導を受けました。
 もちろんそれは、上記に示されるような自己顕示欲を満たすために表に出たがる人とは全くの真逆の行為です。

 読んでわかりやすかった、ではダメなんです。
 読んでいることを忘れる本が良いのです。